2020年7月30日 (木)

艶やかに月下美人

静岡に住んでいらっしゃるみのりさんが、ナニワイバラやモッコウバラの挿し木を送ってくださった中に、サボテンのような葉っぱが1枚入っていました。
そのまま他の花と一緒に挿し木にしていましたらその年、葉っぱの途中からまた葉っぱが出てきました。
ひょっとして月下美人?っと思い、楽しみに大きくしていました。

7月に入って彼女のブログに、艶やかな月下美人の開花と俳句が添えられたものがUPされており、お友達からも「我が家でも咲いた」というようなコメントが綴られておりました。
我が家でもいただいた月下美人が大きくなっているとコメを入れると、「今年は花が咲くかもしれませんよ!」と返コメがありました。
まさか今年咲くとは思っていなかったのですが・・・
ある日、小さな蕾がついているのに気が付きました。
あわてて鉢を家の中に取り込み、毎日穴が開くほど見ていましたが・・・なかなか蕾は大きくなりません!
一週間ほど前から蕾が下へ下へと伸びだしたので・・・紐でつるし上げたりしていると、まるで竜のようにくねってきました。

そろそろ咲くのではないかと思って撮った5日前の蕾です。
Img_02162
そして・・・昨日、葉っぱから伸びた花の茎から蕾の先までは20㎝程にもなり(2~3日今日か今日かと眠れぬ夜が続き)
期待が高まっていました。
夕食後にはまだ変化がなかったのですが、8時半ごろ和室でTVをみていて・・・何か甘い香りがしたような気がしてリビングに行って見ると・・・咲いていました\(^o^)/

Img_02252

嬉しい(^_-)-☆  液肥をやったり水やりをして育ててくれた夫としばし観賞会!
写真は・・・外が暗いので、ブラインドを下ろせばよかったと、これは後の祭り
Img_02262

花言葉 その妖艶な美しさから・・・「あでやかな美人」
    一夜限りの花から  ・・・「はかない恋」「はかない美」「ただ一度会いたくて」
しばしその美しさと芳醇な香りを楽しみました。

夜中の3時にはまだ綺麗に咲いていましたが、4時にはしぼんでいました。 

Cimg9753

 開花中の花も、後のしぼんだ花も食用になるそうですね!
 スープなどにしていただくと良いそうですが、今年はこのまま観察することにします。

 みのりさん・・・有難う!(^_-)-☆ 楽しませてもらいました。

     * この度の豪雨で空き家になっている旧宅の石垣が崩れてしまいました。
          昔の家ですので、進入路も狭くて重機が入らず難儀をしています。
          そんなことで、元気なのですが、良いニュースもなくなかなかPCに向かう気になれず失礼を重ねています。

2020年7月16日 (木)

鎮守の森は姫住むところ

豪雨災害で多くの方々が亡くなられました。
自然災害の恐ろしさを身にしみて感じています。

鎮守の森に祈りを込めました。

3g3a21162

 鎮守の森は姫住むところ →https://zuiso.net/topic/detail/16183

            スライドショーで見てくださいね!
    *我が家も大雨で旧宅(空き家)の石垣が崩れてドタバタしています。
     コメント欄は閉じています。

2020年7月10日 (金)

お家で・・・

今日も雨です。
TVは豪雨災害と新型コロナ・・・
全国各地での被害の甚大さに言葉を失います。
みなさん備えを十分に、お気をつけてお過ごしください。

この雨の中でも畑の野菜は一部元気です。
じっとしても落ち着かず、採れた野菜で保存食?づくりをしています。
 ↓ 紫蘇ジュース

Cimg9725

   紫蘇400g クエン酸25g 砂糖1㎏ 水2L
   * 水洗いをした紫蘇を湯に入れて3分煮た後紫蘇の葉を全部取り出し、クエン酸砂糖を入れる。
     室温になるまで放置し、布ごしをして出来上がり・・・簡単です。
     冷蔵庫で保存し、適当に薄めて飲みます(写真はその倍、3軒分です)

Cimg9716

 

 器量は良くないですが、茄子も毎朝採れます。
 母直伝の茄子の辛子漬けを作ります。

 *茄子は適当に切り、適宜塩・ミョウバンをふり入れて混ぜ4~5時間そのまま置く。
 *砂糖80g 酢30㏄ 醤油100㏄ 合わせて沸騰させさます。
 *甘酒350g 辛子20g 混ぜて↑の液体と混ぜる
 *4~5時間置いた茄子を固く絞っり混ぜる

Cimg9727 → 小瓶に摘めて保存 
  甘酒を使っているので、まろやかで好評です。

 

Cimg9715

 キュウリも困るほどではなく、適当になってくれます。
 昨年はビール漬けを作りましたが、今年は35℃の焼酎で漬けています。

 *キュウリの焼酎漬け(これも母のレシピ)
    キュウリ3kg 焼酎カップ1 塩カップ1 辛子粉30g 砂糖400g
  辛子を水で練って、少しおいて他のものと一緒に付ける

Cimg9728   ←ポリポリサラダ感覚で食べれます。
   1㎏ずつ漬けています。

  ビール漬けの場合 キュウリ3kg ビール400㏄ 塩1カップ 砂糖400g  辛子粉30g です。

他に麹漬けや糠漬けも作っていて・・・冷蔵庫はパンパンです!

おまけは、私の畑で今一番元気! スイカです。
↓ 一番なり(夫の誕生日に切った)棚が落ちています。  ↓ 一番なりの黄スイカ(小玉)

Cimg9712 Cimg9718  

 

 

 

 

 

 

 

   
赤の二番なりと三番なりはカラス?に突かれていました💦
あわてて残りにザルをかぶせましたが・・・どうなりますか?
従弟がやってきて「網ぐれ~被せとけ~ 」と言いました。
葡萄のおつりは、茄子の辛子漬け・キュウリの焼酎漬け・紫蘇ジュース・・・フフフ(-_-;)
                              *コメント欄は閉じています m(_ _)m

Cimg9713 Cimg9724   

2020年7月 5日 (日)

猛烈な雨

梅雨前線停滞の影響で熊本県南部で猛烈な雨が降り、球磨川氾濫によって甚大な被害が出ています。
毎年のようにくりかえされるこのような災害に言葉を失います。
被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。
救出がすすまないうちにまた次の雨雲が近づいているようで心配でなりません!
どうか行方不明の方々の一刻も早い救出を・・・ただただ祈っております。

Output_comp_20200705075801
                                                 * コメント欄閉じています m(_ _)m

2020年7月 1日 (水)

7月1日

2020年、今まで経験した事のない新型コロナウィルス蔓延でドタバタしているうちに、もう半年が経過しました。

Img_0211

庭の花も、紫陽花から桔梗に代っています。

Img_0202 Img_0203

 

 

 

 

 

 

今日は我が家の主の81回目の誕生日です。

Cimg9706
 先日
  『最近の事はよう忘れるけど昔の事は案外覚えている』
 という話になり
  「何歳ごろの事まで覚えているかな~」と尋ねると
 「小学校1年生じゃった!岡山空襲の日、爺さんに抱かれて見た西の空が真っ赤で焼夷弾がばらばら
降ってきょおんのが見えた! 防空壕に逃げ込んだのは、よう覚えとる。
  その年の秋には9月に枕崎台風で吉井川が決壊して牛がぎょうさん流れて来たな~それより前はあんまり覚えとらんな~」 と言いました。

 私は、その年に生まれているのですから何も覚えている筈はないのですが
  「大水の時、叔母ちゃんに抱かれて東畑へ逃げて…西から大きな波が押し寄せてくるのを見たように覚えているけど人に聞いた話よな~」などと話しました。

一緒になって53年が経過しました。
当時の我が家は明治・大正・昭和の三代三夫婦揃っていました。
橋が出来たら紋付き袴で「渡り初め」を・・・などと言われていたものです。
私は明治生まれの大舅・大正生まれの舅・昭和生まれの夫と息子・・・四世代の男に仕えて?来ました。

なぜこんな事を言うかというと、若いころには母親似だった夫が年をとって父親やお爺さんにそっくりな言動が多くなってきたのです(良い事はあまり気付かないのですが)
  *93歳で眠ったまま大往生をしたお爺さんに似ているか・・・
  *7年半患って76歳で逝った父親に似ているか・・・   大問題です。
すでに父親より5年も長く生きているのですからお爺さんに似ていて欲しいと願う私です。

今までこれといって誕生日のお祝いをしたことはないのですが、どんこさん家の豪華なお祝いの宴を拝見して・・・
これからは1年が無事であったことに感謝する意味でも息子たちと食事をしようと思いました(息子から声がかからないので)
時節柄外食はちょっと気がかりで・・・テイクアウトで?

「お父さんお寿司がいい? お肉がいい?」・・・即座に「肉!」
長生きの人は肉好きが多いですね(^_-)-☆ ハイハイ! と 焼き肉店に 千屋牛のロースとカルビをご注文。
息子には「美味し~~い メロン」を注文しておきました。

Cimg9708   

  今宵の写真はありませんので・・・

  → 毎年誕生日に収穫することにしている
    私からのプレゼント   
    手塩にかけて育てた小玉スイカ
 ・・・一番なりです。

 

  *コメント欄は閉じています。
     

        
       

2020年6月26日 (金)

梅雨の晴れ間

天気予報では大雨の筈でしたが、ただいまは晴れています。
大好きな合歓の花が終わりに近づいたので、綺麗な所を撮って見ました。

Img_0200

火鉢のなかの睡蓮も綺麗です。

Img_0188

晴れていた24日までは、家から30分の山中にヒメボタルの淡い光に魅せられて通いました。
ブログにはすでに2回登場していますが・・・お気に入りの10枚でALを作りました。
ご覧いただけると嬉しいです。

   森の妖精 姫ボタル →https://zuiso.net/topic/detail/14387



 

 

2020年6月22日 (月)

光の合唱 姫ボタル

ここの所、姫ボタルの光に魅せられ姫住む森へ通っています。
姫ボタルは、源氏ボタルや平家ボタルより一回り小さく、光跡が点線に撮れます。

体長は(♂9mm ♀6mm)とメスよりオスの方が大きいです(源氏ボタルと逆)
メスは羽が退化して飛ぶことが出来ません!
したがって、木の枝・草の茎・地面に止まりながら発光してオスを引き寄せ交尾します(オスがメスの所へ飛んでいく)

姫ボタルは成虫になるまで1~2年かかり、平均して7日間で寿命を終えるそうです(源氏ボタルや平家ボタルは2週間)
皆、はかない命の精一杯の光に魅せられるのでしょう!

姫ボタルは、東日本では比較的高地に生息し、西日本では平地の林・竹林・雑木林・河川敷・草むらなどに居るそうです。
私の通っている森は高所からだんだん下がってきて終わりごろには谷川に住む源氏ボタルとの共演も見られます。

最近はカメラマンの数がどんどん増えて、マイクロバスを仕立てくるグループもあり賑やかで、蛍もカメラの近くに寄ってこないような気もします(大声を出して話をしたり、光を出したり)
竹林などの雰囲気の良い所に出なくなったのも残念です。

        ⁂ 写真はクリックで大きくしてご覧いただけると嬉しいです。

   No 1

Output_comp5

   No 2

Output_comp_20200622091301

   No 3

Output_comp_20200622101301

«アマサギ