2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

弾んだ声

何度かブログに登場している叔母の事です。
私には2月に92歳になる叔母と8月に90歳になる叔母がいます。(どちらも母の妹です)
一人暮らしをしている92歳の方は楽観的で元気なのですが、90歳の方が心配症で息子たちを心配させています。
近所の友人たちが亡くなったり施設に入ったりで、おしゃべりの相手がいなくなったのも原因でしょう!
一人で色々考えていると心細くなり、寂しくなって電話をかけて来るのです。
お墓の事や息子の事、戦死した兄の事・・・同じ話を何度もするようになっており、愚痴や不足が多くなりました。
話を聞いて「叔母ちゃん 元気でいて~よ~」「有難う~あんただけじゃ~」などと言って電話を切るのですが、妹にも同じように電話してくるようで

「叔母ちゃんも ぼつぼつ 認知症が来たな~」と話していたのです。

それが年末の事!
「とんちゃん! お母さんがな~歌会始に入選したんよ! 全国で10人の中に選ばれたんじゃ~て~」と   *お母さんとは長男の嫁のこと(私が40年も前同じ職場だったので従弟に紹介して仲人をしました)

「そりゃ~おめでとう~祝いをせんといけんな~ 新年は着物を着て皇居へ上がるんじゃ~」
「そ~え~ 全国で10人じゃ~も~ 凄かろ~ あの人は運がええぞな~」
                            と声が弾んでいて嬉しそうでした。

そして、昨日が歌会始当日
TVで中継を見ていると phonetonotes携帯が鳴って・・・「とんちゃん! 見てくりょうる? 今倉敷の人のが紹介さりょうるから次じゃろうかな~」

Cimg9282_2
  倉敷の方は現職の中学校の教員で
   広島の原爆資料館へ平和教育で行った時の事を詠まれていました。

  従弟の嫁は、高校の国語教員をする傍ら書(かな)を習っており、師から自分で作った歌を書くように勧められて和歌の勉強もするようになったとか・・・
退職後は大学で書を教えているのですが、現役時代古文の授業の一こまを詠んだものだそうです。

Cimg9285  Cimg9283Cimg9284


  

嬉しそうな弾んだ声に、すっかり元気になった叔母を感じて「よい親孝行をしてくださった」と私も嬉しかったです。 happy01 happy01

都道府県対抗女子駅伝

昨日は久しぶりの晴天で、朝からお布団を放り出してちょっと念入りな掃除をしたり・・・
畑から大根を抜いてきて3kgは浅漬けに・・・あと3kgほどは短冊に切って切り干し大根にしたりと色々家事が片付きました。

午後から都道府県女子駅伝です。

Cimg9279Cimg9278








岡山県チームは2011年以降優勝から遠ざかっています。
2017年2位・18年4位ときて今回も入賞を目指しましたが、主将の小原選手(天満屋=11回連続出場)が故障で欠場したうえ、高校生も1~2年生のみの出場で、結果10位でした。

今回注目は、興譲館高校時代全国高校駅伝で、3年連一区を走り区間賞を持つ新谷仁美選手が東京チームで出場した事でした。
高校時代から都大路を沸かせてきた彼女の走りっぶりは4年のブランクを感じさせない見事なものでした。
16位でたすきを受けると、引き締まった身体、前を見据えた上下動のない走りで7人抜きの快走、最後に岡山の選手も抜いて、9区の区間賞だそうです。
凄かったです~~
天満屋の前田選手も大阪チームで出場し、アンカーで5位~3位に順位を上げた活躍。
岡山の天満屋・倉敷高校・興譲館高校・中学生の若い選手も来年の活躍が期待できる溌剌とした良い走りでした。
夜、大河ドラマをみていると、金栗四三さんが子どもの頃、義姉のお産の呼吸から「スー スー はー はー」と吸って吐けば楽に走れると知った場面がありました。
小学生のころ「スー スー はー はー」と教えてもらったのは金栗選手が考え出した事だったのだと知りましたhappy01

朝焼け

昨年12月より、冬眠と称して海岸へ通うのを止めています。
今年は元旦から達磨朝陽を拝むことが出来たようですが、我が家は毎日朝食をとりながら東の空を見ては・・・「今日はどうじゃろうか?」「撮れとるかもしれんな~」と、そんな話ばかり
今朝の日の出時刻は7:12だったのですが・・・6:40ごろ  朝食をとりながら・・・
  
「昨日は今頃空が晴れて綺麗じゃったが、今日は雲が多くて暗えな~」
「一昨日は今頃からす~っと雲が退いて綺麗に晴れたがっ」
       などと話していました。    そのうち     稜線があかるくなって、くっきり見えるようになり・・・    赤くなって来て、みるみるうちに空が真っ赤に染まってきました。

食事をそのままに、コンデジを持って外に出ようとすると・・・「もう間に合うか!」と後ろから声!
急いで東の空き地に走る!    とりあえずcamera 7:10ごろ  間に合った!

Cimg9271


ズームして・・・もう1枚

Cimg9274


帰りかけると、後から追いかけて来て・・・もう終わりかな~~と1枚撮って帰られました。
けど真っ赤に染まったのもわずかな時間で(5分ぐらい?)後はどんよりとした空模様でした。

Img_6321

片づけをしながら・・・「今日は赤いだるまさんが出たじゃろうか?」
「どんなかな~ 案外おえなんだかもしれんな~」    などと話していました。

お昼ごろ、朝陽撮りさんのブログを覗くと、綺麗な朝焼けをUPされていましたが、日の出は見られなかったようでした。

すばろ~しい話

新年早々 すばろ~しいで御免なさい m(_ _)m

すばろ~しいは素晴らしいではありませんcoldsweats01
岡山弁で、景気が悪いとか貧相とか・・・情けない、惨めな気持ちを表現する言葉です。
子どもの頃、叱られたりテストの点数が悪くて情けない顔をしていると、「何ゅ~すばろ~しい顔をしとん!」などと言われたものです(すばろ~しい=岡山 方言番付 前頭三枚目)

                      ↓アルミの電動シャッター               ↓鉄の手動シャッター

Cimg9266Cimg9267_2

4日の朝、夫が「車庫のシャッターがバウンドするんじゃ~ 今日は仕事をしょうるじゃろうからSシャッターへ電話してみゅうか!」という。
本宅のシャッターは手動なのですが、隠居家のは電動なのです。
車の中から開け閉め出来て便利と思って奮発したのですが・・・開けるには良いのですが、閉める時ウィ~ンウィ~ンと下りて来て最後にガチャンとバウンドして10cmばかり開きます。

お昼ごろにSシャッターのお兄さんがやって来て 「ええのを付けとられますな~」
「ええと思うたのに、こんな事じゃ~おえりゃ~せんが!」

「手動と電動と切り替わるギアが壊れとるから本社へ連絡して見積もりを送ります」との事!

夕刻FAXが鳴ってnotes・・・3枚の見積書が~~~down
修理だから5万円もあればと軽く考えていたのですが・・・?? 一・十・百・千・万 22万?

うわっ!bearing 急激に気持ちが落ち込んで萎えてしまいました。
「お父さん~おお事じゃ~」  「どうしたんなら?」
「22万じゃ~て~」  「おぉっ ぼっけぇ~高けぇな~」  
狼狽えました!

思いもかけない出費です。
アルミの軽いシャッターで、3日に一度ほどしか開け閉めしないのにと納得できません!

「お父さん、へそくりあるん?」 「ねぇ~な~ お母さんあるか?」   「ない!」

巾着袋には入ってないし・・・どうしましょう!
2019年の出だしはいきなり けっぱんづいてしまいましたbearing
   * ぼっけ~=ものすごい    * けっぱんづく=つまづく  *おえりゃ~せん=駄目

上寺山 両詣り

私の住む地域の年越しは、豊原北島神社と餘慶寺にお詣りしてゆく年に感謝しくる年の幸せを祈ります。

31日の夕刻、西の空が赤く染まっています。
Img_6287

神仏習合の形を残す上寺山です。
豊原北島神社の鳥居と、餘慶寺の三重塔が並びあっています。

Img_6299_2
↑の八角堂で楊潅頂を受け、清らかな気分で新年を迎えます。

↓の薬師堂では薬師護摩で開運招福・厄難消除をお祈りします。

Img_6298

三重塔の扉が開き、ご本尊の大日如来様にお詣りします。

Img_6296


恵亮院へ下る坂道の上から西大寺の街灯かりを・・・

Img_6307

恵亮院の庭から坂を見上げる

Img_6311

明王院、門前の様子

Img_6315

明けて東の空に三日月と明けの明星が・・・

Img_7863

穏やかな良い年となりますよう・・・

あけましておめでとうございます


Cimg9255

当分の間お休みします

12月に入って気忙しく、更新が出来ません!
急に寒くなって、海岸は風が強く冷たくて骨身に堪えます。
暖かくなるまで冬眠です~~sleepy

Img_6268_2

押し迫って津軽三味線の舞台があり(備前市 市民会館)稽古も佳境に入っています。
ブログもしばらくお休みします m(_ _)m

«霜月の朝