2020年6月 5日 (金)

水無月の花

庭のカワラナデシコが咲いています。
紫陽花も色づき始めました。
小鳥の囀りも聞こえてきます 🎵~🎶
📷を持って庭に出ました!

  No1 カワラナデシコ
Img_00672

  No2 ナツツバキ
Img_61482

  No 3 紫陽花

Img_00692

  No4

Img_61312

   今日のおまけは・・・ゲンジボタル

Output_comp2_20200605081101

2020年6月 2日 (火)

リベンジ

今年初めてゲンジボタルを撮りに行ったのは、家から車で5分の場所
その日は1年ぶりの蛍撮影で忘れていることも多く、上手く撮れませんでした。
                                                                                               5月27日のことです。↓
ピント合わせがおかしかったのか、光跡がボケボケで具合が悪くなりそうですね💦 m(__)m

  Output_comp_20200601121701

リベンジをと・・・再挑戦!
                                          5月31日の撮影です。↓

Output_comp_20200601115501
今度はそんなにボケていないですね~ でも数が少ないです!
ただ、カメラマンも蛍見物の人もいないのがいいです。
蛍の数が少ないのが玉に瑕ですが、やっと沢山飛び出していい感じになったと思った時・・・
周囲がパアッ~と明るくなって、車が2台 🚙 🚙 えぇ~今頃何しに?と思いました"(-""-)" ( ;∀;)
通り過ぎて、山の奥へ入って行ったまま・・・・・奥には池があるだけなのに、帰ってきません💦
蛍も飛ばなくなって・・・撤収です!

↓ はその日の夕方、ホタルを撮りに行こうと早めの夕食の支度をしていると外が騒がしい!
前の竹藪に、ヒヨドリではなさそうで~チュンより大きい鳥の群れが来ていました。

Img_9882

ズームしてみて・・・何だ! ムクドリか~💦

Img_9869

      ホタルも鳥も・・・調子 悪! 

2020年5月30日 (土)

蛍 シーズン到来

ピカッ✨ ピカッ✨ っと小さな光を放ちながら森から出て来て川に下りていく蛍が気になりだしました。
ゲンジボタルのシーズン到来です。
友のブログでは「最盛期か?」などと出ています。

  No1 まず森から出て来ます!

3g3a0248

  No2 沢山出て来ました~~

Output_comp_20200530083801

   No3 用水側にも舞い出しました。

Output_comp_20200530083501

  No4 
Output_comp_20200530084001 
す~っす~と流れる光跡を綺麗に撮りたいです。
もうしばらくゲンジボタルを追いかけます(^_-)-☆

2020年5月27日 (水)

出漁

自粛生活に入ってより、二日おきにブログを更新しようと思いましたがネタ不足!
今日は更新日だっと気が付いたのですが・・・
どうしましょう"(-""-)"

アベノマスクが届かないうちに緊急事態宣言も全面解除となりましたが、気分はあがりません!
そこで、大好きな出漁の画像を並べてみました。
  No1

Img_40132

   No2

Dsc_46732

 No3

Dsc_46212

  No4

Dsc_46202

 No5

Dsc_46262

  No6

Dsc_4631-2

丘の上に立って、夜明け前から日の出の時間
船が出ていくと、嬉しいです。

朝の写真は以前使ったものばかりだったのに気づき差し替えました💦   *コメント欄は閉じています。m(_ _)m

2020年5月24日 (日)

麦秋近し

麦穂の波

Img_0537

田圃では田植えの準備のトラクターが・・・
上空でヒバリの囀りが聞こえます。
見上げると、青空に忙しく羽ばたきながら上昇していくヒバリがいます。

家の周りでは4~5日姿を見せていたイソヒヨドリの姿は見られなくなり、窓の外は雀と燕が忙しそうです。
私の菜園は、キュウリやトマト、茄子の苗が成長して花を咲かせています。
西瓜や南瓜、黒瓜も大きくなっていて、毎朝様子を見るのが楽しみです。

一昨日、玉ねぎの収穫をした後へさつま芋の苗を植えました。
一休み、腰を下ろして休んでいると・・・てんとう虫を見つけました。
    よしっ! 今日の作業はここまでと切り上げて  📷time

3g3a3861

山野草の棚のサギソウの鉢にはアゲハ蝶もきていました。

Img_0364

                                 * コメント欄は閉じています。

2020年5月21日 (木)

友だち

緊急事態宣言は解除されましたが、公民館講座やスポーツ教室は閉鎖のままです。
先日、体操教室の仲間のYUKIさんから 「どねんしょう~ん? 元気?」と☎
「元気よ! せ~でも 日にちも曜日も忘れてしまうが!」「本当にな~」などとやり取りをした後

「あんた そら豆食べてくれん?食べ助けじゃ~」
「いただくよ~大好きなんじゃ!」       という事で持ってきてくれました。
Cimg96922

彼女は野菜作りが上手で、自分の家や息子さんの所だけでなく
近所の高齢者宅5軒分の野菜を賄っています。
何とか畑に出られる家には苗を届け、家からあまり出られない所には出来た野菜を届けます。
その上、我が家にも「食べ助け」と称して届けてくれます。

Cimg96942

彼女とは体操教室で知り合いました。
始まる30分前には会場に来て窓を開けたり、道具を出したり・・・受付に飾る花を届けたりしている彼女を見て
私も同じ時間に行って、一緒に窓を開け、準備が出来たら二人で体育館の中を歩きながら世間話をするようになりました。
教室への参加者はおおむね高齢者です。
色々な経歴の人の集まりです。
笑ったり眉を顰めたりするとき、彼女と私は反応がいつも一緒だと気が付きました。

Cimg96952

婚家の環境が似ていたのか、舅や姑の介護や小姑との辛かった思い出が重なり・・・
一緒だな~と涙をこぼして笑いながら話すことが出来ます。
この年で、こんなに何の遠慮もなく何でも気兼ねなく話せる友達が出来るとは思ってもみませんでした。
一週間に一度の「骨々貯筋体操」と「エアロビクス&ストレッチ」が貴重な時間だったのです。

早く元の生活に(一週間に2回のおしゃべり)戻れることを願っています。
                         * 写真は今回彼女が届けてくれた野菜です。

2020年5月18日 (月)

いつになったら

緊急事態が解除されましたが、新型コロナウィルスとの戦いが長期化の模様です。

  Dsc_46142
地元、山陽新聞の運営している 岡山医療健康ガイドMEDICAというサイトがあります。
朝刊には定期的に3面を割いて岡山医療健康ガイド メディカというコーナーがシリーズで掲載されています。

今日の朝刊は「長期戦の新型コロナウィルス感染症」についてでした。
収束までの見通しや医療崩壊を起こさないために私たちが知っておくべき事が掲載されていました。

Dsc_46002

 〇 今回のウィルスは、感染しても症状が出ない人がかなり多い。
 〇 未感染の人に無症状の感染者が混じっていても見分けるのが困難である。
 〇 いったん広がり始めるとなかなか止められない。
 〇 新型インフルエンザの時と違って、特効薬やワクチンが未完成。

   *夏にはいったん下火になっても秋には再燃し、完全に収束することはないだろう!
   *1~2年かかって、70~80%の人が感染するかワクチンを接種し
    獲得免疫を得た段階で、冬に流行する「季節性」コロナウィルスになると考えられる。

Dsc_47152

  医療崩壊を起こしてはならない

  〇 新型コロナウィルス感染症は、軽症でも原則入院だが、入院しない事もあり
    急に症状が重くなることがあり、油断は禁物。
  〇 医療崩壊をきたすと、他の病気の患者にも影響が及ぶ。
  〇 治療法、ワクチン、診断法の開発が急がれる。

Dsc_46572

社会面には「国産ワクチン来春にも」という記事もありました。
  〇新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ切り札として期待されるワクチンの開発に、大阪大学大学院の森下竜一教授(岡山県出身)が挑んでいる。
  〇ウィルスそのものを使ってつくる一般的なワクチンと違って、ウィルスの遺伝情報を一部組み込んでつくる「DNAワクチン」と呼ばれるタイプ
  〇ウィルス自体を使用していないため安全性が高く大腸菌を使って大量生産できるそうで、
人への臨床実験が7月にも始められるそうです。

今こそ日本中がワンチームになってCOVID-19と戦う時ですね!
Dsc_47252
                               *写真は記事とは関係がありません

 

«大山蓮華が咲いた!