2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

8年越しの花嫁

ポスター画像

今日も37℃・・・暑い日が続いています。
何処にも出かけたくない気持ちでしたが、今日は邑悠学級の映画教室なので行って来ました。

原作になっている『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』は、隣町の和気町に住む夫婦の奇跡の実話です。

結婚式を三ヶ月後に控えていた新婦の麻衣は発症率300万人に1人と云う難病、「抗NMDA受容体脳炎」を発病し、心肺停止の重体、長い昏睡状態へと陥ってしまいます。
新郎の尚志は諦めず麻衣の元に通い回復を祈ります。

徐々に意識を取り戻していった麻衣ですが、目が覚めた麻衣は記憶障害により尚志の記憶も失ってしまいます。
その事実に大きなショックを受けながらも麻衣の元に通い続ける尚志・・・

それから8年後、2人の間に奇跡が起こります。
麻衣は長いリハビリの末に自分の足で立てるようになり、8年もの長い間、麻衣の回復を信じ、献身的に支え続けてきた尚志の想いが叶って、2人は8年越しの結婚式を挙げるのです。

主演の 佐藤健さん土屋太鳳さんの演技も瑞々しく、撮影場所が近くの病院だったり、スーパーだったり、表町商店街や路面電車、京橋、遥照山、鳴滝と・・・馴染みの所が多くて興味深かったです。

麻衣さんの両親役の 杉本哲太さん薬師丸ひろ子さんも自然でよかったです。
映画の事は知っていましたが、映画館に足を運ばないままに来ていましたが、遅ればせながら見ることが出来ていい時間が過ごせました。

西日本豪雨

西日本豪雨によって起こった甚大な被害に言葉を失いました。
岡山でも15日現在、60人に上る犠牲者がでて、未だ行方不明の方もいらっしゃる現状に呆然としています。

そのように大変な状況下でも呉市に住むブログ友は、断水の毎日を庭に残した井戸の水を近所に配ったり支援の様子をUPされています。
また他の人は、6日から7日にかけての様子を冷静に記事にされています。

そんななか、私はブログのコメント欄にお見舞いのコメントをいただきながら、記事の更新ができず、皆さまにいらぬご心配をかけてしまいました。
被害にあわなかった者が呆けてしまっていては申し訳ない事です。

被災さえた方々やボランティアを襲う猛暑は連日35℃を超える暑さの中片付けに追われています。
昨日、岡山市東区で被害にあった知人宅に行きましたが、一週間がたっても道路は埃が立ち込め住宅やお店の前には瓦礫が積まれていて、工場や倉庫でも水洗いなどの作業に追われていました。
砂川が3か所決壊してしまったようでした。

Cimg9056Cimg9057

 91歳になる一人暮らしの叔母に電話した時には

「避難場所へ行くのが大変だから2階にいると民生委員さんに言ったところ」

と言っていましたが、その避難所が水に浸かったようです。
家に居てくれてよかったと思いました。
我が家でも避難場所は小学校になっているのですが、そこへ行くよりは上寺山 餘慶寺 (6院あって会館など完備・北島神社の拝殿も多く収容できる)へ上る方が安全だと思えます。

真備町の場合はハザードマップ通りに水が来て甚大な被害がでました。
ハザードマップをよく見ていざという時に備えることは必要ですが、避難場所については協議をする必要があると思います。

わが市の場合も南海トラフ地震を想定したハザードマップが配られています。
これが、どれだけ役に立つかは町内・班内でしっかり話し合いをし、色々見直す必要があるように思います。
歴史は繰り返すといいます。
真備町も暴れ川の高梁川と小田川が合流する構造上浸水被害は繰り返されており、大改修も来年に控えていたようです。

S20年に吉井川が決壊して実家が被害を受けた時の事を知っている横浜在住の従弟が、この度も心配をして電話をかけてきました。
「とんちゃん、とにかく上へ上へ逃げてくださいよ!」と繰り返し電話の向こうで叫んでいたのが印象的でした。

Cimg9043Cimg9045 

犠牲になられた多くの方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
 また、大変辛い思いをなさっている被災された方々にはくれぐれもご無理のないように、我慢をなさらないように体調管理に気を付けてください。
熱中症などなりませんよう祈っています。

 

6月も終わりました

朝陽撮りをはじめてより、まるで農家の人間のように天気予報を気にする毎日です。
6月は雨が多いので綺麗な日の出は望むべくもなく・・・朝陽撮りからホタル撮りにシフト

朝型人間から夜型に変えて体調も可笑しかったです。
今年の蛍はヒメボタルに挑戦!・・・森へ通いました。

森への帰り道、で何度も鹿に出会って驚いたりもしましたが、森は涼しく蛍が出て来る8時ごろには寒さを感じる日もあって、蚊が少なかったので続けられました。

昨日は赤い線状降水帯が通過して物凄い豪雨rainthunder
今日も不安定な模様で・・・今も雨です。

今日で6月も終わります。
梅雨の花と、ホタルをデジブックに纏めましたのでご覧いただけると嬉しいです

   * コメント欄は閉じています。

しろみて

毎年のように田植えが終わると同じような記事をUPしているようで気が引けますが
私の住む地域でも田植えが終わったようなので、この時期の風習である「しろみて」について思っていることを書いてみたいと思います。

標準語では「みてる」と聞くと「満つる」想像していっぱいになる事のように思われるでしょうが
岡山弁の「みてる」「なくなる」ことを意味します。

したがって、「しろみて」とは「苗代の苗が無くなる=田植えが終わる」ことを意味します。
私が子どもの頃には学校も「田植え休み」があって子供も大きな戦力でした。
親せきからも手伝いがきました。

どの家もお爺さんとお父さんが田植え綱を引き、女子供は綱に沿って一列に並んで一株ごとに苗を植えて行きました。

Thdhohdt37  「お~い 下がれ~」と祖父の声がすると
 皆一斉に下がって、左手に苗を持てるだけ持って待ちます。
 綱が固定されると腰をかがめて赤い印の所に植えて行きます。
 一反まちの田圃でも植え終わるのに半日近くもかかったでしょうか?
 腰が痛くて後ろばかり見ていました。
 ひとまち植え終わって畔に腰を下ろしていただくお茶やパンの美味しかったこと!
 叔母たちが手伝いに来てくれて、従弟の守りをしたことも良い思い出です。
 

Thn0y2wlyi_2 今は4反町(1200坪)の大きな田圃でも
大きな乗用の田植え機がやってくると
 叔父さん一人であっという間に植えられていきます。
 奥さんが軽トラで苗を運んでいる姿も時には見ますが・・・
 最近は畔で子供たちが親の作業を見たり手伝っている姿を見かけません!
 勿論田植え休みなんてないですものね~
 田植えが終わり
 早苗が風に揺れて・・・
 そうして、植え継ぎ用の苗を田圃に持って行き
 苗代に苗を植え終わったら終了です!
 みんなで「ご苦労さん」「お疲れさん」「有難うございました」とご馳走を囲んで労をねぎらうのが・・・しろみてなのです。
 実家が田植えをしていた頃は終わると「しろみて」と称して両親を温泉へ連れて行ったりしていましたが、今は実家の田圃も知人がしてくれていて田植えとは縁がなくなりました。
が、しろみてだけは捨てがたく、妹と形ばかりの「しろみて」をしました。

丁度25日は母と妹の主人の命日でした。
母の好きだった吉備団子と桃をお供えに用意し、私たちはワタリガニとメバルを買って行き、妹がお寿司を用意してくれてささやかなしろみての宴を開きました。

Cimg9038Cimg9041

ご馳走は、お腹の中に入るまでcameraを撮ることはすっかり忘れていました。delicious delicious delicious
来年も「しろみて」は家でするのがええな~と云う事になりました。何時まで出来ますか?

ジャガイモの収穫

半分ほど掘り上げて、そのままになっていたジャガイモをやっと掘りました。
種イモはどちらもいただきもので名前が分かりません!

同じ日に植えたのですが、皮が赤い方が早く花が咲き葉っぱが黄色くなるのも早かったので掘っていたのですが、残りを昨日掘りました。
メークインのお化けのようなのやキタアカリのようなのが出て来ました。
雨続きで、弾けているか心配でしたが・・・大丈夫のようです。(中はわかりません)

Collage

ジャガイモがなくなったので、スイカがのびのびと手足をの伸ばせそうです。
夏野菜も毎日↓のように収穫できるようになっており庭先に造った菜園の有難さを実感しています。

Collage1

↑の坊ちゃん南瓜・・・年寄り二人にはちょうど良い大きさです。
今日は南瓜とインゲンを煮ることにします。
茄子は、昨年までは麹漬けをしていましたが・・・今年は糠漬けにしています。delicious delicious

下津井散策

久しぶりに学生時代の友人と下津井でランチしようと云う事になりました。
昨日までの雨が上がってほっとしましたが、cardash運転に不安があるので児島駅まで迎えに来てもらうことにしてtrainで行きました。
瀬戸大橋線、マリンライナーに乗るのも久しぶりで、何だかちょっぴり小旅行の気分です。

児島はジーンズの生産日本一です。
駅の階段にも↓のようにジーンズの絵が・・・パネルにも壁にも自動販売機の模様もジーンズです。

Cimg9029

駅を出ると・・・一段とふくよかになった彼女が車の横で手を振っている!(創作舞踊に熱中していた頃の面影なし)
彼女の車でまずは開通30周年を迎えた瀬戸大橋に敬意を表してcamera

Cimg8996

お天気が良いと坂出まで見えるのですが・・・曇っています。

港に近い下津井の古い街並みを散策しました。

Collage11

今日のランチは「むかし 下津井 回船問屋」の中にある

Cimg9018

お食事処 喜美です。
和食の大将とイタリアンのシェフの料理がいただける、倉を改造した落ち着いた雰囲気のお店です。

Cimg9014

私たちは和食のランチをいただきました。
これにデザートとコーヒーがついて1600円です。
熱々の天ぷら、新鮮なお刺身が美味しかったですdelicious

Cimg9016

むかし 下津井回船問屋 の中です。

Collage10

その後、クラシックの名曲の聞ける喫茶「時の回廊」

Cimg9028

彼女は声楽のレッスンを続けており、このお店の常連とのこと

Cimg9021

奥に小さなステージがあって、ピアノやコントラバスも置いてあって、ちょっとしたコンサートも開かれるようでした。
Cimg9027

未だに年2回の海外旅行を楽しみ、岡大の教授の声楽のレッスンを受け片道3時間車を運転して書道にも通っている彼女に
「とんちゃん もっと外へ出て遊ばんといけん!」と発破をかけられてしまいました。

私の頭のなかは 下津井~港は~よ~note 入りよ~て 出~よ~うて~よ~note・・・と三味線の下津井節が流れていたのですがcoldsweats01

気晴らしが出来た楽しい一日でした。

姫の森へ通っています

ヒメボタルにはまっています!
昨夜も少し場所を変えて行って見ました。

背景に石垣を持ってきました!

Output_comp

カメラの近くに飛んできて欲しいのですが・・・
遠くて小さな光が多いです。

林にカメラを向けています。

Output_comp_2

    ・・・↓ 悔しいけど、夫の作品です。

Output_comp_3

«姫住む森に佇む