2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

彼岸の入り

今日は彼岸の入りです。
お彼岸には墓参りをしますが、暮らしの歳時記によるとこれは太陽と関係しているそうですね!

春分と秋分は太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。
仏教では生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、その反対側の私達がいる迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)と言うそうです。

そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え先祖供養をするようになったと言われています。
Img_2510

彼岸の中日でもある「春分の日」「秋分の日」は国民の祝日です。
祝日法による趣旨は・・・

   * 春分の日=自然をたたえ、生物をいつくしむ日
   * 秋分の日=先祖を敬い、なくなった人々をしのぶ日

と云うことで、私も今朝は我が家と実家のお墓へ参りました。
実家からの帰り道、畦道に咲いている彼岸花をみつけました・・・本当にお彼岸前になるといきなり咲いて、お墓参りをしなさいよ!と教えてくれているように思えました。

Cimg8783

好きな朝の情景

明け方の物凄い雨音に目が覚めて・・・今はしとしと・・・静かです。
先日(9日・10日・11日)と撮った夜明けの写真をUPします。

 * 9月9日 清々しき朝景 (宝伝の海)

Img_2346

   美しき 達磨朝陽

Img_2356

   早朝散歩

Img_3244


   二匹目のドジョウはいなかった!(宝伝海岸 10日)

Img_2385

   希望の朝焼け(峠より 11日)

Img_3263

自然の力って凄い!

瀬戸内地方の夏は台風接近時以外は雨が降らず、酷暑続きでカラカラ天気でした。
それでも畑の草だけは元気で、見るのも嫌な毎日でした。

お盆が過ぎて一段落すると、畑が気になり…意を決して草抜きに取り掛かり
天地返しをして・・・耕し

Cimg8778
  8月の終わりに
  やっと人参と水菜の種蒔きをしました。

  bud 同時に今年は白菜は苗を買って定植
(トンネルの中)

  budキャベツの苗も植えました。

  毎日、水道代が気になるほど水やりをしましたがなかなか芽を出してくれません。

  トンネルには簾をかけて直射日光を避けました。

Cimg8777
  そして9月になり
  天気予報と首っ引き

  6日から2~3日cloud rain予報に

  5日、急いで大根とほうれん草の種を蒔きました。

 cloud rain cloud rain
 5日の夜少し雨が降って
 6日7日と降ったり止んだり・・・

  するとどうでしょう・・・bud bud
  8日には → のように芽が出ているではありませんか?
↑ の写真の茄子の間から見えるのは8月に蒔いた人参なのですが・・・10日も遅く蒔いたのに芽の大きさは同じです!  ・・・ビックリです! eye

自然の力って・・・本当に凄いです!  rain 様々 です。

Cimg8773Cimg8779


bud bud bud  途端に畑に出る楽しみが出てきた私です happy01 happy01
草を抜きながら枝の切り返しをした茄子が今、食べきれないほど収穫できています。

牛窓八朔ひなかざり

八朔雛かざりの行われている
牛窓 しおまち唐琴通り をぶらぶら camera shoe shoe

Img_2228

八朔とは
  旧暦の8月1日のことです。

子供たちの健康を祈る行事として八朔雛を飾る風習が定着したものです。
古い街並みの通りを歩くと、それぞれの家に工夫を凝らした雛が飾られています。

Collage6

中へ入って見せていただきます。

Collage5

どのお雛にも ししこま が供えられています。
ししこま とは山や海の幸をかたどり、色粉で彩色したお団子です。

牛窓地方では女の子が生まれてはじめての八朔「ししこま」を作り雛段へ供えるとともに近隣の子供たちに与えました。
いつかあなたの家にも女の子が生まれたら返してもらう・・・喜びを分かち合う習慣です。

Collage7

細い路地の奥にもひなかざりが見えます。

Collage9

オリーブ園海岸では休日を親子で楽しむ様子も見られました。

Collage8

今日から長月

昨日までの暑さは何処へやら・・・涼しい朝を迎えました。
朝4時過ぎ、上空は晴れ渡って星が大きく見えました。

Img_2158

5:36  水平線から太陽が顔を出しましたが( ^ω^)・・・

Img_2179

水平線にだけ意地悪な雲がべったり・・・coldsweats01
何とか達磨さんになりましたが予想通りの眩く白い太陽でした。

         * コメント欄は閉じています。

水まつり

8月26日(土)は上寺山 餘慶寺  水まつり でした。

塔婆のお焚き上げ

Cimg8661

施餓鬼会の読経

Img_2052


Img_2051

万灯会

「竹灯かり」は、市内在住の竹アート作家グループ竹吉によるものです。

Collage1


Collage2

西の空が赤く染まり、先祖の冥福を祈る水まつり・・・幻想的な灯明とに心癒される縁日でした。

Cimg8691

暑い!暑い!夏でしたが・・・あくる日(27日)は涼しい朝を迎え人心地ついた感じです。
秋が近づいています。

 *暑かった夏をデジブックにしました。
   ブログの写真と重なるものもありますが、ご覧いただけると嬉しいです。

一雨欲しい!

蒸し暑い熱帯夜が続いています。
昨夜、急にバラバラと雨音がして「あっ 雨だ!」と急いで窓を閉めたのですが・・・それっきり!

Cimg8653
  今朝は曇っていたので
  畑に出て残っていた夏野菜などを片付けました。

  先日体操教室での井戸端会議で
  野菜作りの苦労話などをしたのですが

  皆さん、もう人参や白菜の種蒔きが終わり
  キャベツやブロッコリーの植え付けの話をしておられたので気持ちが焦ります。

Cimg8654
  今日の収穫です!

 茄子の木は5本、切り返しをしていましたが

 順調に大きくなっています。

 冥加もまだ残っていました。

 枝豆は今夜のbeerのつまみです。

 黄スイカがゴロゴロ・・・小玉です。
 同じほど↑の草を焼いている所に捨てました。

 →のも食べられるかどうか疑問ですが全部捨てるのはもったいなくて持って帰って切って見ました。

Cimg8655
  食べられないこともなさそうですね!

  「今年も我が家はぎょうさんスイカを食べたな~まだ残っとったん?」と誰かさんが言いました。

 

  今日も2時間ほどの作業でいい汗をかき、シャワーを浴びてさっぱりした所です。

畑には無関心な夫が育てているサギソウ百日紅、暑さに負けず元気に咲いています。

Img_1921

Img_1925

  
 

 

«達磨朝陽